カートをみる マイページへログイン 発送・お買い物方法 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
自然健康食品の通信販売ぐりーんユアサは緑の持つ安らぎをテーマに、群馬県の地域特産物や無添加自然食品、自然健康食品や業務用食材を幅広く取り扱う通信販売のお店です。TONTON(とんとん)のまち群馬県前橋市からお届けします。

コラーゲンって?

コラーゲン粉末は美容健康に

 コラーゲンを補給することで、シミやシワ、皮膚のたるみをはじめ、コラーゲンでひざ痛や腰痛まで改善できると大評判です。コラーゲンは、体の細胞をくっつける「接着剤」の役割をしているたんぱく質です。美容健康にコラーゲン粉末。ひざ痛、抜け毛、シワ、たるみ、シミ、腰痛がコラーゲン粉末で消えた!

コラーゲンを多く取ると肌にぐんと潤いが出て関節炎や骨組髭症まで改善

コラーゲンは細胞の接着剤

 私がコラーゲンの研究を始めたのは40年以上も前です。当時は、コラーゲンは一般の人にほとんど知られていませんでした。それが今ではコラーゲンはよく知られるようになりました。
 コラーゲンといえば美容効果に定評がありますが、コラーゲンの効果はほかにもたくさんあります。コラーゲンは、老化を防止したり、若々しい健康な体を維持したりするために不可欠の物質なのです。
 そもそもコラーゲンは体のいたる所に存在しているたんぱく質で、体の中のたんぱく質の30〜40%を占めています。興味深いことに、コラーゲンは、存在のしかたがほかのたんぱく質と次のように異なります。

●ほかのたんぱく質

 細胞の中で、水に溶けた状態で存在する

●コラーゲン

 コラーゲンは、細胞の外で、ひもや織物のような繊維状態で存在する

 なぜコラーゲンがこのような状態で存在しているかというと、コラーゲンが体の中で組織を形作り補強する役目をしているからです。
 私たちの体は、60兆から100兆もの細胞の集合体です。コラーゲンはこれらの細胞一つ一つをつなげる「接着剤」の役割をしています。細胞と細胞がばらぱらにならず、しっかり結びついているのは、コラーゲンの働きがあるからです。
 コラーゲンは「通路」にもなっています。新鮮な酸素や栄養素を細胞に送り込み、反対に炭酸ガスや老廃物を運び出す通路としての役割です。コラーゲンは、例えば、皮膚では、次のような通路になっています。
 皮膚の表面には表皮があり、その奥に真皮があります。表皮と真皮の間にはコラーゲンの層があります。毛細血管によって真皮に届けられた酸素や栄養素は、コラーゲンの層を通り、表皮に送られます。そして反対に、表皮でできた老廃物などが、今度は逆の経路をたどって排出されるのです。
 つまり細胞を赤ん坊に例えると、コラーゲンはまさに母親のような存在と言えるでしょう。細胞の世語を焼いて、細胞がいきいきと正常に働けるような環境を作っているです。

40代に入るとコラーゲンが激滅

 ところで、私たちの体の中でコラーゲンはどのようにして作られているのでしょう。私たちが食事から取り入れたコラーゲンは分解され、アミノ酸(たんぱく質を構成する物質)として吸収されます。次に、コラーゲンが分解されたアミノ酸を材料にして細胞の中で未完成のコラーゲンが作られます。
 この未完成のコラーゲンがビタミンCや鉄分などの働きによって、完成したコラーゲンとなり、細胞の外に放出されるのです。
 しかし、コラーゲンを合成する力は年とともに衰えます。いちばん盛んにコラーゲンが合成されるのは10代の成長期ですが、40代に入るとコラーゲンの合成は著じく低下します。また、年とともにコラーゲンの分解が早まることも、コラーゲン不足に拍車をかけます。
 コラーゲンを合成するカが衰え、分解が早まることで大きな影響を受けるのは皮膚です。皮膚には体に存在するコラーゲン全体の40%もの量が含まれているからです。
 コラーゲンは、ふだんは織物状に、縦横にきれいに絡み合って細胞を支え、弾力のあるじょうぶな皮膚を作っています。ところが、コラーゲンがへってくると、織物状の絡みが不規則になり、水分を蓄える働きが弱ってきます。そのため、コラーゲン不足で皮膚のたるみやシワができるのです。

コラーゲンはビタミンCと鉄分も欠かせない

 皮膚の次にコラーゲンが多いのは、骨や軟骨です。骨の20〜30%はコラーゲンで形成されています。コラーゲンが不足すると、骨や軟骨への影響も少なくありません。
 骨は、コラーゲンにハイドロキシアパタイト(カルシウムとリン酸が結合した骨の成分)が付いでできています。コラーゲンが不足すると、骨の構造が弾力を失い、ハイドロキシアパタイトが付きにくくなり、骨がもろくなります。コラーゲンが不足して、こうした状態が進んだものが、骨がスカスカにをる骨粗鬆症(こつそしょうしょう)なのです。
 このほか、年を取るとともにコラーゲンの質そのものが悪くなるため、細胞の新陳代謝(新日物質の入れ替わり)が衰え、血管が硬くなり、内臓の働きが鈍くなり、全身の老化が加速します。
 そこで、こうしたコラーゲンの不足にどう対処するかということになります。結論から言えば、コラーゲンを多く含む食品を取るのが効果的です。例えば、鶏の手羽先やすじ肉、魚の骨や皮、豚骨スープなどです。
 ただし、なかにはこれらのコラーゲンを多く含む食品を好まない人がいます。また、コレステロール値の高い人は動物性の脂肪を控えなければなりませんから、食事でじゅうぶんな量のコラーゲンを取ることがむずかしくなります。
 このような場合には、コラーゲン粉末を利用するとよいでしょう。実際、コラーゲン粉末を取ることで、さまざまな症状が改善したという報告があります。
 コラーゲンをとることで特に多いのは、変形性関節炎や腰痛の痛みが軽減したという報告です。コラーゲンで骨組霧症が改善したという報告もあります。ほかに、コラーゲンを取ることで、肌荒れ、シミ、小ジワが改善した、たるんでいた肌が締まり潤いのある美しい肌になった、コラーゲンで髪の毛が太くなった、爪がじょうぶになったという報告も数多くあります。
 ただ、髪の毛や爪にはコラーゲンは含まれていませんから、これらの部位での効果はほかの理由を考えなくてはなりません。私は、コラーゲンに含まれみペプチドの作用によって血流が改善したためではないかと考えています。ペプチドとはアミノ酸が数個つながった物資です。
 コラーゲンを取ることで、皮膚や骨をはじめ体の広い範囲で効果が期待できます。コラーゲンを取ることで、病原菌に対する抵抗力が高まることもわかっています。コラーゲン粉末には、副作用の心配はありませんから、ぜひ試してみてください。
 なお、コラーゲンの合成には、ニガウリ、レモンなどに多く含まれるビタミンCや、ホウレンソウやレバーなどに多く含まれる鉄分が必要ですから、これらの栄養素も合わせて取るようにしましよう。

コラーゲン粉末をコーヒーに入れて飲んだら腰とひざの痛みが3カ月で改善

腰をかばいひざまで痛めた

 私が腰を痛めたのは4年前です。40歳を過ぎたころから、少し重い物を持つと腰や背中に痛みを感じるようになりました。おそらく筋力が衰えたためでしょう。
 そんなとき、体調を悪くした両親の世語に忙殺されて疲れがたまり、腰を痛めてしまったのだと思います。
 腰を痛めてからは不自由な生活を余儀なくされました。洗濯物を持ち上げるときとか、中腰で掃除機をかけているときに、思わずしゃがみ込んでしまうような鋭い痛みが走り、体を動かすことができなくなりました。腰をかばっていたためひざに負担がかかり、ひざも痛めてしまいました。ひざを曲げることができなくなりました。
 こんな状態ですから、外出することが少なくなり、一日にせいぜい1回、家を出ることができれば上々でした。
 家事も思うようにできなくなりました。例えばおふろ洗いです。ひざを曲げることができないので浴槽の中に入れず、思うように洗えません。
 整形外科に通い、痛み止めの注射や腰痛体操を行いましたが、効果はまったくありませんでした。一つの病院ではらちがあかないと思い、さらに2つの病院をはしごして延べ4カ月治療を続けたのですが、結果は同じでした。
 コラーゲンに出会う前は、もう治らないかもしれないと弱気になることがありましたが、一方では、この状況をなんとか打開する方法があるはずだと思っていたのです。
 そんなとき、健康雑誌でコラーゲン粉末を知りました。雑誌には、コラーゲン粉末を飲んで症状が改善したという体験談が紹介されていました。
 私が注目したのは、その中のコラーゲンで白髪が黒くなったという体験談でした。
 コラーゲンで白髪が黒くなるなんてすごいと思いましたし、コラーゲンで骨がじょうぶになるという話にも感心しました。
 コラーゲン粉末に関心が高まり、コラーゲンの本も読みました。こうして手ごたえを感じた私は、コラーゲン粉末を飲みたいと思いました。もう医師には頼れないと思っていましたので、コラーゲン粉末に待しました。

コラーゲンを飲むようになってバレーボールを再開できた

 コラーゲンを飲み始めたのは去年の春です。コラーゲンをスプーン1杯分をコーヒーに入れて、午後3時のティータイムに毎日飲みました。
 また、コラーゲンをご飯に混ぜて(米3合にスプーンー杯)炊き、それを毎日食べることにしました。 このほか、スプーン半分のコラーゲン粉末をみそ汁に入れて毎朝いただき、週に2回程度作るカレーやシチューにもスプーン3〜4杯分のコラーゲン粉末を入れるようにしました。
 平均すると、1日にスプーン2杯分のコラーゲン粉末を取っていたことになります。
 こうしてコラーゲンの効果が出るのを待ちました。6カ月をめどに気長に効果を待つつもりでしたが、意外に早くコラーゲンの効果が出始めました。
 コラーゲンを飲み始めて2カ月後のことです。最初に感じたのは、ひざの痛みが薄らいできたことです。車に乗るとよくわかりました。車に乗ったり降りたりするときにはひざを曲げ伸ばししますが、まったく痛みを感じなくなったのです。
 コラーゲンを飲み続けて腰痛が改善したのは、それから3カ月が過ぎてからです。徐々に痛みが薄らぎ中腰で掃除機をかけることが可能になりました。そして今では、腰の痛みもありません。コラーゲンのおかげで休んでいたバレーボールを再開することができました。再開した直後はひざに痛みが出るのではと心配でしたが、取り越し苦労でした。
 友人(50歳)にコラーゲンのことのてんまつを話すと、「自分もコラーゲンを試したい」と言うので、今はいっしょにコラーゲンを飲んでいます。そして、2人で肌を自慢し合っています。なぜかというと、コラーゲン粉末を飲んでいたら2人ともほおやおでこがツルツル、スベスベになってきたからです。鏡を見ると、5歳は若返ったような気がします。
 おそらくコラーゲンを飲んでいる友人も、鏡を見るたびに同じように思っているのではないでしょうか。友人とは「これからもずっとコラーゲンを飲み続けようね」と言い合っています。

口の周りのカサカサがコラーゲンを飲んだら消え頑固なひざ痛も順調に改善

ひざが痛くて自転車をこげない

 左ひざが痛み始めたのは、コラーゲンに出合う前の去年の暮れです。少しダイエットしようと思って始めたウォーキングが裏目に出てしまったのです。ウォーキングの時間はわずか30分でしたが、アスファルトの道路がひざに負担をかけたのでしょう。もともと左ひざには転倒こよる古傷がありました。
 痛みは、ズキーンという鋭い痛みとズーンという鈍い痛みの2通りありました。ズキーンという痛みは就寝中によく起こり、じゅうぶんに眠れないことむありました。ズーンという痛みは、立ったり座ったりしたときや、階段を昇り降りするたびにありました。
 そのため、家の中でも自由に歩き回ることができませんでした。もろん外出もままなりません。歩けないので自転車に乗ることもありましたが、左ひざを思うように曲げ伸ば しできないので、ペダルをちゃんとこぐことができ支せん。そのせいか、外に出るのが嫌になってしまいました。
 私が落胆したのは、治療しても痛みが改善しないことでした。電気治療や筋肉トレーニングをしましたが気休めにすぎず、一向によくならなかったのです。
 そのため、いよいよ出無精こなりました。歩けば痛みが出ますし、がんばって外出しても足がだるくなって痛みが増し、夜は決まって眠れなくなりました。万策尽きた感じで、自分ではもう治らないだろうとあきらめかけていたのですが、そんなとき偶然読んだ健康雑誌にコラーゲン粉末が紹介されていました。
 その中には、ひざの痛みで13年間悩んでいた40代の女性が、コラーゲン粉末を飲み始めたら、3ヵ月で痛みが消えたという話があり、勇気づけられました。また、ある女優さんがご主人に勧められてコラーゲン粉末を飲み始めた話にもそそられました。その女優さんのご圭人は医師です。医師が勧めるコラーゲンなら安心ですし、効果がありそうだと思ったのです。
 ほかにも、コラーゲンで肌がきれいになった、コラーゲンで手足のカサカサが改善した、といった体験談にも注目しました。というのは、私は、季節の変わり目に出る口の周りのカサカサや手の指先のささくれも気になっていたからです。私もコラーゲン粉末を飲めば、こうした肌のトラブルを治せるかもしれないと思いました。

コラーゲンの予想外早い効果にびっくり

 コラーゲンを飲み始めたのは今年の6月です。コラーゲンをスプーン1杯分を毎朝、食後にヨーグルトに入れて食べました。このほか、温めたコーヒーにコラーゲンを入れて、3時のおやつの時間に飲んだ り、あるいは就寝前に、温めた牛乳にコラーゲンを入れて飲んだりすることもありました。
 こうして一日に少なくともスプーン2杯分のコラーゲン粉末を欠かさず飲んだのです。飲めば必ず効くと自分に言い聞かせながら、ゆっくり味わって飲みました。
 コラーゲンでを飲むようになってから、最初に改善してきたのは、口の周りのカサカサと指先のささくれでした。コラーゲンを飲み始めて10日でカサカサとささくれが取れ、スベスベしてきたのです。
 こんなに早くコラーゲンの効果が出るなど予想もしてなかったので、喜びはひとしおでした。うれしくて会う人ごとに報告しました。
 実は、コラーゲン粉末を飲み始めても、そう簡単には効果は出ないだろうと思っていたのです。ところが、意外にも、コラーゲンを飲み始めてたった10日で効果が出てきたので、それからはひざ痛もきっとよくなると信じながら飲み続けました。
 コラーゲンを飲み続けた結果は予想どおりでした。口の周りのカサカサが取れてからさらに2カ月半たったころ、徐々にひざの痛みが消え始めたのです。
 そして、その後もコラーゲンを飲み続けて順調に改善し、今では階段を昇り降力するのも、立ったり座ったりするのも楽にできるようになりました。コラーゲンのおかげで正座もでぎるようになりました。もちろん自転車もこげます。
 夏には、主人と上高地にトレッキングに行ってきました。歩いている途中、なんの違和感もありませんでした。そのときコラーゲン粉末の効果を心から実感しました。もうだいじょうぶだと思いました。
 私は今、更年期に差しかかっているので骨も気になります。コラーゲン粉末には骨をじょうぶにする効果もあるそうですので、今後も飲み続けていきたいと考えています。コラーゲン粉末にはほんとうに感謝しています。

コラーゲン粉末を飲んだらシミが薄くシワの溝が浅くなり顔がスベスベ

コラーゲンを飲む前は5〜6歳は老けて見られた

 若いときから両目の下に小ジワがあり、老けて見られていました。いつも実年齢より5歳は老けて見られていたようです。年を重ねるごとにシワがふえてきて、30代の後半のときには、シワの数がふえるだけでなく、シワの溝がくっきりと深くなりました。
 そして40代に入ると、シミとたるみが加わりました。同時に、肌のはりもつやもなくなり、顔全体がくすんできました。
 実は、シミは20代後半からあったのです。そのときどきに使った化粧品の効果なのか、濃くなったり薄くなったりを繰り返しました。けっきょくシミは消えず、40代を迎えたときには右日の下と右のこめかみの下に約1冂度の大きさのわりと濃い茶色のシミができていました。
 たるみは、口元とほおの下が特に日立ちました。若いときのようなほおからあごにかけてのシャープさがなくなり、どんなにひいき日に見ても「はた目には5〜6歳は老けて見えたと思います。
 いちばん嫌だったのは友人たちと旅行に出かけるときでした。私は絵を描くのが好きで、よく写生旅行に出かけます。宿に着いて化粧を落としたとき、ふだん化粧で隠していたシミやシワが友人たちに知られるのがとても気になりました。
 なかにはシミもシワもない友人がいます。いくら笑っても笑いシワができない友人もいます。それなのに私だけがよりによって……という思いがありました。

コラーゲンで洗顔後の肌がスベスベに

 私がコラーゲン粉末に注目し、飲んでみょうと思ったのは、健康雑誌で知ったのがきっかけでした。コラーゲンが肌荒れ、シミ、小ジワの解消に効果があり、骨をじょうぶにすると書いてあったからです。コラーゲンは粉末で飲みやすそうですし、コラーゲンの値段も手ごろだったので飲んでみようという気になりました。
 コラーゲンを飲み始めたのは今年の2月です。スプーンでコラーゲン粉末を1杯すくい、ホットミルクに溶かして毎朝、食事前に飲むようにしました。このほか週3回、コラーゲンをスプーン1杯分をコーヒーに入れて飲むようにしました。さらに、週3回はコラーゲンを妙め物に入れました。よく作ったのは野菜妙めです。野菜を妙めて火を止める前に、スプーンー1〜2杯分のコラーゲン粉末を調味料として振りかけて食べました。
 その結果、コラーゲンを飲み始めて3カ月たったころに、効果が出てきました。洗顔した後の顔がスベスベになってきたのです。こんなことは以前はなかったこどでした。また、コラーゲンを飲み始めてからは、洗顔して も肌が突っ張らなくなりました。
 コラーゲンを飲み始めて6カ月たった現在、シミの大きさは約1cmと変わりませんが、濃い茶色から薄い茶色に変わりました。コラーゲンを飲み始めてからはシワも残っていますが、溝が浅くなりました。シミもシウも、もう一息です。このままコラーゲンを飲み続けると消えそうな予感があります。
 私は肌のトラブル以外に、20代のころから腰痛に悩んでいましたが、コラーゲンを飲み続けtるようになってからこの腰痛も改善しました。
 コラーゲンのおかげでたぶん骨がじょうぶになったのだと思います。

コラーゲン粉末で抜け毛がへって髪のこしが戻りシミ・ソバカスも薄く変化

出産後にシミが、目立ってきた

 私がコラーゲン粉末を飲み始めたのは、こしのない髪や抜け毛、シミ、ゾバカスが気になっていたからです。これら、の症状は、2人目の子どもを生んだ直後に目立ってきたことから、おそらくホルモンのバランスの乱れによるものだったのでしょう。さらに、出産後に遭遇した交通事故によるストレスも影響したのではないかと思っています。
 事故で入院中は特に抜け毛がひどく、毎朝、病室のお掃除をしてくれるおばさんが床にどっさり落ちている髪の毛を見てびっくりしていたほどでした。抜け毛が多いために髪のこしがなくなりました。
 シミ・ソバカスは以前からあり、ずっと気になっていました。1人目の子どもが外で遊ぶのが大好きで、よく公園でいっしょに時間を過ごしていたため、日焼けが原因で起こったのでしょう。このシミ・ソバカスが、2人日の子どもを生んだ直後から日立ち始めました。
 一般的には、妊娠すると肌の色素が濃くなり、産後に回復するものですが、私の場合はそうならずに、小さなシミやソバカスが混ざった顔のくすみが、ますます日立ってきたのです。
、このままでは先々とても不安でしたから、髪や肌の手入れをしなければいけないと思っていました。

友人も主人も効果を認めた

 私は、健康雑誌でコラーゲン粉末を知りました。そこには、コラーゲン粉末を飲んで髪のこしが戻ったとか、肌荒れが改善した、といった体験談がくわしく紹介されていました。
 それらのコラーゲンの体験談を読んで励まされたのが、コラーゲンを飲み始めるきっかけになりました。ひょっとしたら私にも体験談の人たちのように効果が出るかもしれない、と思ったのです。コラーゲンは値段が安く、お湯に溶かせばすぐ飲めるのも気に入りました。
 私は、毎朝、スブーン1〜2杯分のコラーゲンをコーヒーに入れて飲みました。
 コラーゲンをゼリーに入れて子どもと食べたりもしました。コラーゲンでオレンジゼリーを作るときには、スブーンー1〜2杯のコラーゲンの粉末をお湯で溶かしてオレンジジュースと混ぜ、それを固めて出来上がりです。違和感がなく、おいしく食べることができます。
 また、たまにコラーゲン粉末を顔に塗ったりしました。スプーン2分の1杯分のコラーゲン粉末を、大さじ2〜3杯分の熱湯に溶かしてとろみがっく程度にし、それを冷ましてから顔に塗ります。1回丹念に塗って、乾いたら洗い流します。
 こうしてコラーゲンの粉末を使い続けた結果、抜け毛がなくなり、髪のこしが戻ってきました。気づいた、のは、コラーゲンを使い始めて3〜4カ月たったころでした。こうしたコラーゲンを飲み始めてからの髪の毛の変化については、私の錯覚かなと思いましたが、友人も主人も認めてくれたので間違いないと思いました。
 私がコラーゲン粉末を使い始めたのは、今年の初めです。使い始めて約10ヵ月たったことになります。
 シミやソバカスはまだ消えてはいませんが、全体に薄くなったような気がします。

コラーゲン粉末でびっくりするほど化粧の乗りがよくなり骨密度も大改善

親知らずを抜いたダメージが出た

 両目の下に小さなたるみとシワができたのは、3年前です。ショックでした。
 親知らずを抜いた後、顔がボールのようにパンパンにはれ、2週間後にはれがひいた後、両日の下にたるみとシワができていたのです。
 更年期に入って親知らずを抜いたのが、思いのほか大きなダメージだった似だと思います。
 小シワは放っておくと大きなシワになるので、早めの手当てが必要です。ふと思い出したのがコラーゲンの粉末でした。以前、健康雑誌で読んだことがあり、記憶こ残っていたのです。
 その雑誌にはコラーゲン粉末を飲んだ人たちの体験談があり、肌荒れに悩んでいた私と同年代の女性が、コラーゲンを飲み始めてほんの1カ月で皮膚がしっとりしたとか、化粧の乗りがよくなったといった報告のほか、コラーゲンを飲み始めてから骨がじょうぶになったという報告もありました。
 私は、コラーゲンに出合う前は肌荒れにも悩んでいました。若いときには海や山によく出かけ、そして今は園芸が好きで、お天気がいいと土をいじったり、花づくりを楽しんだりしています。
 しょっちゅう皮膚を太陽にさらしてきたために顔の皮膚が硬くなり、乾燥してカサカサになっていました。たまたま思い出したコラーゲン粉末は私にはぴったりだと思いました。値段も手ごろなので、ぜひ飲んでみようと思いました。
 コラーゲンを飲み始めたのは去年の10月です。毎朝、食事前に、スプーン一杯分のコラーゲン粉末をコーヒーに入れて飲むようにしました。

コラーゲンで肌のカサカサがみごとに治った

 コラーゲンを飲み始めて10ヵ月後。気になっていた日の下のたるみとシワは小さいまま今もありますが、大きくなっていません。
 正直に言えば、コラーゲン粉末で小シワを消せるとは思っていませんでした。大きくならなければじゅうぶんです。
 コラーゲンを飲み始めて10ヵ月ですし「最低1年は飲み続けようと思っていますので、この先、、思いがけない奇跡が起こらないとも限りません。
 コラーゲンを飲み始めてからは、肌のカサカサはみごとに治り、肌が潤ってきました。コラーゲンを飲み始めて1カ月だったころ、ある日、びっくりするほど化粧の乗りがよくなっていたのです。
 その日以来、化粧の乗りが以前と変わり、これはコラーゲン粉末の効果に違いないと確信しました。
 コラーゲンを飲み始めてからは、その後も順調でした。顔の皮膚がふっくらと柔らかくなり、いつも皮脂(皮膚の表面に分泌される脂肪)でやさしく覆われているように、しっとりしてきたのです。コラーゲンを飲み始める以前は、洗顔後にすぐ化粧水をつけないと突っ張っていたのですが、その必要もなくなりました。
 そしてもう一つ、コラーゲン粉末を飲み始めて改善したことがあります。骨密度(一定量の骨に含まれるカルシウムの濃度)です。コラーゲン粉末飲み始める前に調べてもらったところ、骨がスカスカだと言われました。しかし、つい1カ月前に調べてもらったところ、コラーゲンのおかげで同年代の人より骨が若くなっていたのです。

ページトップへ